美白コスメの種類

最近、シミ予防に効果的な化粧品に興味があり、色々と調べてみたらシミに
効果的な化粧品は、主に二種類に分かれていることが分かりました。

シミが出来てしまわないように予防効果の高い美白化粧品と、出来てしまったシミを薄くするための化粧品と二種類あるそうです。
どちらを使うのがいいのかなと思いませんか?
私もふと思ったんですが、どちらがいいかというよりかは、出来れば両方同時に使いたいですよね。

間違いなく両方同時に使う方が効果も高いですしね。 私なら両方使いたいです。
出来てしまったシミも薄くしたいですし、これからシミになる予備軍も予防をして、将来的に良い状態にしたいですから。

それから気になるのはコスパです。美白はすぐに効果が現れるわけではありません。
だから長く使う必要があります。長く使うにはできるだけ安いほうが良いですよね。

人気の脱毛サロンはどこが良い?

脱毛サロンで脱毛をしたいと思った場合に、始めに気になるのが値段でしょうね。
一般的には、脱毛サロンについて高額のイメージがありお金に余裕のある人しかできないと思っている方が少なくないはずです。
脱毛サロンといってもピンからキリまで存在するので、値段も異なります。
ですが、最近では脱毛サロンが一般的になってきたので競争が起き、料金もかなり安くなってきました。
料金が安くなると、質が下がったのではないかと思われがちですがそうではありません。
脱毛機の性能が上がったので、1回の処理時間がとても短くなったのです。
そうすると、多くのお客さんに対応できるので、値段も安くなるというわけです。

ムダ毛をなくしたいと思ったときには、どの人気の脱毛エステでうけるのかがおもったより大切です。
テレビや雑誌でも紹介されたサロンに行けば安全と思うかも知れませんが、自分の今後のためになるサロンなのかをちゃんと検討する必要があります。
口コミの評価などもよく見て参考にして自分に合った脱毛サロンを探しましょう。
おすすめの人気脱毛サロンについて調べるにはこちらが便利です。

脱毛の費用はまちまちですので、カウンセリングなどをうけて、確認するといいですね。
毛抜きを使っての細かい作業で脱毛していたとしても、手間ひまかけなければいけない上に、なんと、肌にも悪影響という事実があります。
埋没毛や炎症の原因になるので、可能な限り他の方法でムダ毛処理して下さい。
それでも毛抜きにこだわりたい!というあなたは、毛穴が開くバスタイムに清潔な毛抜きを使って処理したあと、保湿も忘れずにしましょう。

花粉症の予防と舌下免疫療法

そろそろ花粉症対策としてマスクを探そうと思います。

花粉症のマスクとか眼鏡というとすでに発症している人がするイメージだったんですが、
どうもそれは間違いみたいです。発症しないために予防目的でするのも大切みたいです。

その理由ですが、花粉に曝露されている時間や期間が発症と大きく関わっているからで
何も対策せずに外出しているような人と完璧に防御している人では明らかに前者のほうが
将来的に花粉症を発症するリスクが高くなるからです。

覚えておきたいのは花粉症っていうのは誰もが発症する可能性があるということです。

生まれつき耐えられる器の大きさの違いというのはあるんですが、限界を超えると誰でも
発症します。器から溢れないようにするにはできるだけ花粉に曝露しないことが大事だとか。

詳しくは>>花粉症なんでもQ&A

花粉症になってしまったらもうどうしようもないかというと、2014年の10月から舌下免疫療法
という根本的に治す治療法が保険適用されるようになりました。

通院したり、治療期間が長くなるなど大変ですが、今のところ唯一花粉症を根本的に
治すための治療なので覚えておくといいと思います。

女性受けがいいコーディネート

女性受けがいいコーディネートってどんなものでしょう?
まず、男性が良いと思っているものとは違いますね。
ニットパーカーってカッコイイと思うのですが、どうでしょうか?
シンプルなものなら良いと思います。
へんなロゴが入っているものは、人を選ぶかもしれません。
たま~に、その意味が分かっているの?っていうような英語の文字が入ったパーカーを着てる人がいますが、あれはちょっとダメですね。
どれを着たら良いか迷ったら、きれいめメンズ服にしておくと無難です。
きれいめカジュアルを嫌いな女性はあまりいないからです。
逆に個性が強いものは、嫌われる可能性が高くなります。
例えば、お兄系とか。好きな人は好きなんですが、受け付けないという人も結構多いんですよね。
そういう意味で、シンプルなカジュアルスタイルが無難ではあります。
それでいてポイントも高いです。

肌にやさしい美白美容液は?

敏感肌の女性が増えているせいか、それともカネボウの白斑問題があったからか
美白をするにしても肌にやさしいことを優先する人が増えているそうです。

もともと美白は乾燥するとか刺激が強いとかいわれているものでそれは肌に作用させる
美白成分をバリア機能を破壊して浸透させるからなんですね。

肌にもともとある成分を補うとかサポートするといった保湿ケアなどと違って美白は
メラニンを作るという肌本来の働きを妨げるものですから肌に負担がないといったら
さすがにそれは嘘になります。

ただ、肌に負担をかけたくないといって何もしなければメラニンを増えてシミの原因に
なってしまうかもしれません。それはいやなのでやっぱり美白は必要なんですね。

そこでおすすめしたいのはセラミドを配合した美白美容液です。

髪をカラーした後にトリートメントしてダメージを抑えるのと同じで、美白して肌に負担をかけるけれど
セラミドという保湿成分で少しでも肌を労わろうというアイテムになります。

セラミドってどんな成分?>>参考サイト:セラミドを詳しく解説

こうしたメラニンケアにだけフォーカスした美白美容液でなく、肌全体のことを考えてある美容液を
高機能な美白美容液を使ったほうが安心できると思います。

新しいパック

今まで韓国製の顔パックを使っていたけどそれが切れたので、プラザで見つけた大きなバッグにはいったお徳用みたいなのを買ってみた。

なかなか良いかも!
冷蔵庫に保管しないといけないっていうところも、なんか安心感。保存料たっぷりっていうのは嫌なんで。

使用感も毎日使うんだったらこのくらいで十分かな。
ピンッとハリが出てうるおい〜!
ホントにあった肌のハリを改善する方法
ホントにあります。笑

普通韓国製のものは一つ200〜500、高いものは1000円とか。
今回買ったのは50枚も入ってて3000円ってお得〜!

1か月半〜2か月もつかな。

私は冬だけじゃなくて春夏も乾燥ケアを一番メインにしているので一年中使う予定です♪

春と美白とビタミンCと。

花見の話題がでると春がやってきた感じがします。

で、私のようなおばさんにとっては美白シーズン到来という合図でもあります。
昨年はちゃんと日焼け止めをしていたせいかトラブルなく年を越せましたが、
今年はどうなるか?今からの準備が大事です。

さて、ここ数か月、女性誌を読んで情報収集していたんですが、やっぱり、
夏にむけて抗酸化力を高めるという特集が記憶に残っています。

抗酸化作用のある食べ物を食べることで抗酸化体質になれば紫外線にも強く
なるらしいです。だから日焼けしにくくなるとかなんとか。

美魔女の人の生活習慣をチェックするとみなさんビタミンCをすごく積極的に
摂取されている気がします。水谷雅子さんなんかはグレープフルーツを飲んで
いるみたいですし。

美肌にとってはビタミンCは基本といいますからね。グレープフルーツなら
1年中スーパーにあるので食べやすいからもしれないです。

知っ得!ビタミンC⇒ビタミンCの効果を大特集!

↑ビタミンCをどうやって摂ればいいかは上のサイトに詳しく載っているので
これを参考にしたらいいんじゃないでしょうか?

まだ飲んだことがないケールの青汁

私は現在、健康維持のために大麦若葉の青汁を飲んでいます。
青汁独特の苦味がなく、抹茶風味なので飲みやすいのですが、
青汁と言えば、やっぱり”ケール”なのかな~と感じています。

もちろん、大麦若葉も栄養豊富な野菜ですが、
栄養面で言えばケールがダントツですよね(^^;
栄養素が豊富だからこそ、様々なケールの効果があると思います。
しかも、最近はケールの青汁も飲みやすいように
加工されたものが多いと聞きます。

青汁は飲み続けてこそ意味のある飲み物だと思うので、
飲みやすさは重要なポイントですよね!

今年の漢字は輪!

今年も残りわずかになってきましたが、毎年暮れになると、その年の世相や人気になった物に対して、一文字の漢字で表すのが、主流になってきました。
そこで気になるのが、今年は一体どんな文字が選ばれたのかというと、清水寺の森清範さんが、書いた文字、「輪」でした。
17万通以上の応募のうち、みごと選ばれた「輪」という文字は、9518通応募があり、今年決まった7年後の東京オリンピックの五輪の輪から取られたものです。
そして、相次ぐ自然災害の中で、友情や家族愛等の輪が一層強くなった年ということもあり、様々な意味での「輪」となりました。
他にも多く寄せられたのが、「楽」で、これは日本シリーズで初優勝を果たした東北楽天イーグルスの「楽」で、まぁ君の活躍には、日本全国が歓喜しました。
流行語になった倍返しから、「倍」という文字も登場し、今年見事選ばれた「輪」という文字を書いた森貫主は、大勢の
人たちが手を取り、握り合い、円滑に回転していくという意味があるのだそうです。
人々の手をつなぐサークルがどんどん大きくなっていけば、東日本大震災の復興等も急ピッチで行われることでしょう。
皆の気持ちを大切にしていきたいですね。
それは、見た目だけの復興ではなく、家族や友人を亡くした人たちの心のケアも同様に、いつか心の底から笑えるような、そんな日本にしていきたいですね。

韓国キムチが認められた!

おいしいその国のグルメを登録遺産とする会合(アゼルバイジャンでのユネスコの政府間委員会)では、日本食はかなりの好印象になり、登録されたのは、同じ日本人として、とても嬉しく思います。
日本食というのは、見た目的にもとてもアーティスティックで、繊細であり、そして何よりもヘルシーであるという点から、今では世界でも健康食として注目されています。
外国人がおはしを使って、和食を食べる姿がよく見かけられますが、日本人の私よりも全然お箸の使い方が上手くて、ちょっと見とれてしまうほどです。ということもあって、やはり和食が世界的に認められるというのは当然と言えば当然でしょう。
しかし、今回はこの和食ではなく、他にも登録されたのがあります。
この舞台は、お隣韓国で、キムチの漬け込み文化を、無形文化遺産に認定したのです。
確かに、本場キムチはとても美味しいですし、その工程を見るのも、ちょっと興味があります。
この登録するまでの過程としては、ソウルの朝鮮王朝の王宮では、閣僚が、キムチを漬け込むというアピールをしていましたので、そこに委員会はずきゅんときてしまったのかもしれません。
アジアのグルメたちが世界的に認められていくというのは、とても嬉しいですね。